Health care NEWS

キッズアスリート親子を応援する【理学療法士による学ぶケア』が開始

 

キッズアスリート親子を応援する【理学療法士による学ぶケア】BASHiP(ベーシップ)リリース

キッズアスリートを応援するすべてのご両親に学んでほしい"体の仕組みと動きのすべて"を動画で伝えます。

スポーツに打ち込む子供を強くする未来のためのアスリートケアメソッド

理学療法士の完全サポートにより親子でケアやトレーニングを学習し,”やってもらうケア”から自分たちで行うケアを習得します。

定期的な理学療法士による身体評価により,体の問題や修正点を見つけ出し,親子で問題を学び,ケアの方法を学び,自己管理を行います。

 

【自分たちで知識を持てば子供はもっとスポーツを楽しめる】

 

理学療法士として長年スポーツ現場の少年少女に関わる機会が多く,そしてそのご両親と関わることが多く,私はある結論に至りました。

怪我をした子供,指導していた指導者,子供の親,

怪我をしてしまった原因は人ではなく家族を取り巻く”環境”だった。

そう。教えてもらう環境がなかっただけだった。

トレーナーとして,ご両親や指導者に説明をさせてもらうと

「それならできそうです!家でがんばります!」

口々におっしゃっていました。

子どもたちを怪我から守るには

特別な治療技術や最新の医学的知識をもった治療者を探し歩くことではありません。

痛みがなくなるまで2ヶ月も3ヶ月も休むことでもありません。

それは,怪我をする前にケアをすることです。

 

BASHiP(ベーシップ)とは?

↑サンプル動画

実際にトレーナー(理学療法士)と動画により,親子でケアの方法を学んでいくことでお子様の癖の改善や体の機能を向上させていきます。

 

BASiP代表 野間ねね

野間ねね
『子どもたちが辛い思いをする様子を見過ごすことができなかった。』

  • 理学療法士
  • HCAJ認定ダンサーズヘルスケアトレーナー

理学療法学科学士課程卒業後、病院・施設のリハビリテーション室に勤務。循環器、呼吸器、神経内科、整形外科などの疾患へのリハビリ提供。資格取得10年で独立し,3人のお子さんを抱え,キッズアスリートの10年後の笑顔をサポートするために,BASiPをリリース

競技経験はクラシックバレエ・ハンドボール

熱い想い!
BASHiP代表 野間ねねです | BASHiP
野間さんのプロフィール詳細はこちらから

代表:野間ねねの競技経験は、バレエ・ハンドボール。 『子どもたちが辛い思いをする様子を見過ごすことができなかった』 子どもたちの夢は、無限の可能性があります。もう、がむしゃらに頑張り、痛みに耐えること ...

続きを見る

BASiPのご紹介

リリース
BASHiP | スポーツに打ち込む子どもを強くする!未来のためのケアメソッド動画ですべて学べます
BASHiPの詳細はこちらから!

BASHiP(ベーシップ)は、スポーツに打ち込む子どもの体のケアを動画で学ぶサービスです。一番身近で見ている保護者が、キッズアスリートを支えることが出来るように、ケアのノウハウを分かりやすく学べます。

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北海道の理学療法士_カズ

株式会社EzoReha(エゾリハ)代表取締役。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。理学療法士の国家資格を取得後,札幌市内総合病院に12年間勤務しながら,大学院進学やイタリアへの理学療法士の技術を学ぶために短期留学,そして、現在では筋膜治療のスペシャリストとして全国各地から指導の依頼を受けている。2020年から株式会社EzoRehaを設立し、北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。さらに詳しいプロフィールはこちらから

-Health care, NEWS

Translate »

© 2021 えぞリハセラピストLabo.