改善報告

妻の産後の消化器症状に対する徒手治療

痛みだけに限らず,人間のすべての体の不調を改善させるために日々研鑽中

北海道の筋膜研究家 兼 筋膜調整セラピスト

北海道の理学療法士_カズ です。

PTカズ
妻が急性の下痢症状と背中の痛みにより苦しんでいたので,消化器症状に対して治療を行った内容を紹介します!

 

症状出現

妻が睡眠中に急性の腹痛症状繰り返し起こる下痢症状を発症

発熱等の全身症状もなく、食中毒に関連しそうな夕食等も取っていなかった.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほど経っても症状が寛解しなかったため,私は眠気眼で真夜中の筋膜調整整体院開院した.

 

評価

併発症状としては,

メモ

吐き気,胃のむかつき,背部の痛み,腸の活動性の亢進…

身体を曲げたり伸ばしたり,回したり,しても軽度の疼痛の変化しか見られなかったため,脊柱(背骨)に関連する,整形外科的な痛みは除外された.

 消化器を含む腹膜腔系(内胚葉系)に関連する呼吸器症状が見られなかったため,Digestive Catenary(消化器官内部筋膜配列)と判断し,内部筋膜の挿入筋膜の機能障害による内臓器官の蠕動運動障害と判断し徒手的評価を実施した。

腹直筋鞘,胸肋部,恥骨結合周囲,長内転筋付着部,脛骨上遠位内側部

棘間靭帯(T9, T12,L1),仙骨部、大殿筋の仙尾結節起始部

に著明な筋膜組織の滑走性低下、結合組織の高密度化が認められた.

各々の部位の結合組織のリリース、筋膜組織の滑走性を確認し終了。

結果

半日経過したが、下痢症状の再発なく経過

 

 

 

 

 

 

 

今まで,特に怪我も病気もしてこなかった妻。

しかし,思い返してみれば最近,月に数回腹痛と下痢,食欲不振等を口にしていた。

去年の出産の影響か…腹壁,仙腸関節部に著明な結合組織の高密度化がみられた。

出産によりストレスを受けた組織も修復に向かってもおかしくない時期です。

妊娠時にはお腹が大きくなり,常に皮膚や筋肉にも張力がかかり続ける。

合わせて,背部の筋が優位となり常に筋が緊張状態となり、腰痛なども発症する。

出産時には,仙腸関節が大きく開大し,会陰が避けてしまう場合もある。

深部の筋肉は妊娠や出産の影響により,筋の延長そして筋緊張が抑制され弛緩してしまう。それに伴い表層部の筋は深部の筋が弛緩し働きにくくなったことにより,過剰に働いてしまうようになり,新たな結合組織の高密度化を生む。

体幹表面の筋の異常により,組織が高密度化を起こし,体幹壁と接続する挿入筋膜の運動性を低下させて内臓の臓側腹膜の運動性を低下させ内臓のオートマティックな蠕動運動を阻害し内部障害を起こす。

出産,妊娠により損傷を受けた組織は修復の際に必要以上に固くなってしまったり,癒着を起してしまったりする。

産後組織が修復する3~6ケ月位に一度,腹腔と骨盤帯の筋膜組織のチェックをしたほうがいいかもしれないですね。

 

 

 

ココがポイント

知識と経験があれば、整形外科的なものだけではなく,内科的な症状だって改善は可能。

下痢だって便秘だって,メカニズムを理解すれば原因に対して治療をするだけ。

この10年

理学療法士として勉強してきた結果、今自分が確証をもっていること。

 

Manus Sapients Potens Est: A knowledgeable hand is powerful

「知識を持った手には力がある」

〜Luigi Stecco〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
北海道の理学療法士_カズ

北海道の理学療法士_カズ

EzoReha(蝦夷リハビリテーション)代表。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々,そして若手の理学療法士に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。また,筋膜調整のスペシャリスト・アニマルフローのインストラクターとして活動中!!さらに詳しいプロフィールはこちらから

-改善報告
-, , , ,

Translate »

Copyright© EzoReha.com−蝦夷リハビリテーションドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.