小川 哲広 (おがわ てつひろ

 

  • 出身校:専門学校日本福祉リハビリテーション学院

小学3年生から野球を始め、14歳の夏に野球肘を発症し、整形外科病院にて理学療法を受けながら約1年間の投球制限を経験する。それを期に、理学療法士を目指し、平成24年千歳市の整形外科病院リハビリテーション科にて理学療法士として勤務する。外来リハビリ部門で勤務をする傍ら大学の協力を得ながら、主に膝関節を中心とした下肢関節痛に対する臨床研究を重ねる。スポーツ分野では、高校・大学・社会人の野球部のフィジカルトレーナーとして活動し、個別ではプロ野球・プロバスケットボール選手へのトレーニングや身体作りについてサポートをしている。また、平成32年より子供達に自身と同じ経験をさせたくたいという想いから、千歳市の大学や病院と協力し野球肘検診事業を立ち上げている。

 

職歴

 

職歴
平成32年 千歳市少年野球肘検診事業立ち上げ
令和1年 日本理学療法士協会 足部・足関節ガイドライン班員
令和3年 北海道理学療法士協会石狩支部 スポーツ部部長

保有資格・認定・取得:

  • 理学療法士
  • Spine Dynamics療法上級セラピスト
  • Spine Dynamics療法北海道世話人
  • GASA認定トレーナー
  • NASYUインソールマイスタープロフェッショナル

所属学会:

  • 日本膝関節鏡スポーツ整形外科学会

サポートチーム:

  • 札幌日本大学高等学校硬式野球部
  • 星槎道都大学硬式野球部
  • JA道央野球部

 

執筆者: 北海道の理学療法士_カズ

Translate »

© 2021 えぞリハセラピストLabo.