症状の局在化テストについて

ココがポイント

・特定の運動(荷重を含む)によって疼痛を誘発と緩和が可能ならば局在診断は徒手的に可能

・症状が誘発,緩和される時に影響を受けている組織は何かを考える。

・理学的検査と共に症状の誘発,緩和を行うことで局在診断が可能になる。

・はじめはできるだけ触れないで評価を行う

 

例えば腰部の屈曲動作で痛みが出る方であれば,伸展により痛みが軽減するはず.

それでは,腰部を痛いところまで屈曲させて,第5腰椎の棘突起や両椎間関節を屈曲方向に押してみる

そうすると,仙骨と第5腰椎はの関節は屈曲方向に曲がるが,第5腰椎と第4腰椎の間は相対的に伸展方向に動く

 

ということは,屈曲して痛い人だから,第5腰椎を押して痛みが出るのならば,仙骨と第5腰椎の間に問題が起きているだろう

 

もし,第5腰椎を押したときに痛みが軽減するか,もしくは痛みが変わらないのであれば第5腰椎よりもまだ上の関節で問題が起きていることが予測可能です。

 

それはなぜか?

腰を屈曲させてギリギリ痛みが出現するところで第5腰椎だけを押すということは,第5腰椎より上の第四腰椎は伸展方向に移動する。また,第3腰椎の関節は運動が起こらないため,痛みの変化が起きない

 

このような運動器系の症状の特徴を理解すれば,症状が起こっている分節を見つけ出すことが可能です。

執筆者: 北海道の理学療法士_カズ

Translate »

Copyright© EzoReha.com−蝦夷リハビリテーションドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.