Medical 筋膜(コラム) 腰痛

【腰痛の原因】女性の場合は〇〇の問題が考えられます。

女性の腰痛の問題。

大変多くのお客様を目にして来ました。

 

女性の腰痛の問題には,男性の腰痛とは違い注意を向けなければいけません。

 

それは、内科疾患の問題婦人科系の問題が隠れている可能性があるからです。

では、私の腰痛はどうなんだろう?

どう判断していけば良いのだろう?

 

そのような悩みを持つ方もいらっしゃるかと思いますので、今回詳しく解説させていただければと思います!

記事の後半では、婦人科の問題でお悩みの方が筋膜の施術を受けるべき理由を説明しているのでそちらもご覧いただければと思います!

 

女性の腰痛の原因は?

女性特有の腰痛の原因としては、以下の4つが考えられます。

  1. 子宮自体の問題
  2. 生理痛や出血不全による問題
  3. 更年期障害などによる自律神経の問題
  4. それ以外

特に1〜3は腰が痛いと整形外科に行っても理解されない事が多いため、婦人科などで検査を受ける必要性も出て来ます。

 

1.子宮自体の問題

女性の場合は子宮自体に問題が起こりその痛みが腰痛として出ている可能性があります。

具体的には以下のような問題です。

  • 子宮癌(子宮頸癌、子宮体癌)
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • チョコレート嚢胞

子宮癌では、不正出血、接触出血が主体ですが、初期の場合は無症状の事がむしろ普通と考えられます。

これらの無症状患者の多くは子宮癌検診で発見されています。

子宮癌検診では圧倒的に不正出血が多く、特に閉経期以降の出血という形で発見される場合が多いとされます。

引用元:ガン研有明病院

 

これらは、整形外科では見逃される可能性が高いため、婦人科などの専門機関で検査を受ける必要があります。

専門機関で異常がなければ、筋骨格系による整形外科的な腰痛の可能性が高いです。

 

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。

引用元:子宮内膜症ってどんな病気?

 

子宮筋腫は珍しくない腫瘍です。小さなものも含めると、30歳以上の女性の20-30%にみられます。がん(悪性の腫瘍)ではありませんが、貧血や痛みなど様々な症状の原因となります。筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモンによって大きくなります。

引用元:公益社団法人 日本婦人科学会

 

これらの子宮筋腫や子宮内膜症のある方は比較的多い印象で、弊社の女性疾患の専門整体院にもこれらの症状の改善を求めお店にいらっしゃる方が多いです。

 

2. 生理痛や出血不全による問題

生理痛や不正出血が原因で腰痛を引き起こしているお客様は大変いらっしゃいます。

当院にも、中学校、高校時代から生理痛や生理不順、不正出血に悩まされ、次第に腰痛を併発するお客様を目にしています。

 

子宮自体は内臓の膜に包まれてます。

通常、子宮は内臓器なので、女性ホルモンや自律神経の働きにより自動的にそして周期的に動いているものなので、こちらから意識をして子宮の動きを出す事ができません。

しかし、子宮を包む膜や子宮に繋がる組織が硬くなると、子宮が収縮するためには必要以上の力を必要とされ、過剰な収縮を引き起こすことになります。

そのため、過剰な収縮をした子宮に繋がる腰筋や腹筋が過剰に引っ張られることにより、腰痛や腹痛を引き起こす場合があります。

 

3.更年期障害や自律神経による問題

子宮や卵巣などは自律神経と自律神経により活性化されるホルモンの影響により,運動が行われます。そのため、女性ホルモンが乱れやすい閉経の時期(いわゆる更年期障害)や精神的、社会的ストレスによる自律神経の乱れにより,子宮などが過剰に運動することによって腰痛が出る方も少なくありません。

 

4.それ以外

1〜3で紹介した女性特有の原因に当てはまらない場合は、筋骨格系などの整形外科的な問題が起こっている事が考えられます。

 

 

 

 

これらの問題は医療機関や整体に行っても治るんじゃないか?っと思う方もいるかと思いますが、長年腰痛で悩まされている方は,医療機関や民間の治療院で治らないことも多く、弊社の整体院にたどり着く場合が多いです。

弊社の整体院では、女性特有の症状による障害を筋膜整体の本場イタリアで学び、それを日本に伝える活動を行っています。

実際に、他の病院んで治らなかったケースが当院の専門的な筋膜整体により改善するケースが多いため、興味があれば続きをお読みください。

 

女性の腰痛で多い原因は筋膜

 

今までは、腰痛というと以下が原因と考えられる事が多かったです。

  • 筋肉
  • 神経
  • 椎間板
  • 関節

しかし、近年になり実際にはこれらが腰痛の原因である事が少ない事がわかって来ています。

具体的には、腰痛の85%は検査をしてもわからないと言われています。

 

腰痛の約85%は、さまざまな検査をしても「この神経が圧迫されている」といった明確な原因が見つからない腰痛なのです。

引用:非特異性腰痛:関東労災病院 勤労者筋・骨格系疾患研究センター長 松平 浩 先生

 

逆にいうと、先ほどの

  • 筋肉
  • 神経
  • 椎間板
  • 関節

が原因で起こっている腰痛は、15%しかいないのです。

では残りの85%の人は何が原因なのでしょうか?

それが近年になって、その原因は”筋膜”である事が明らかになって来ています。

 

腰痛の85%は筋膜が原因

筋膜は筋肉だけではなく神経なども一本一本を細かく包んでいます。

 

先ほど、腰痛の原因でわかるケースは15%しかいないと説明しましたが、それは原因の選択肢に筋膜が含まれていないからです。

日本では古くから腰痛の原因とされてたのは

 

  1. ヘルニア
  2. 腰椎分離症
  3. 腰部脊柱管狭窄症
  4. そして筋の張り

 

近年になって、筋膜という組織が腰痛の原因になっている事が明らかになって来ました。

 

筋膜は、機械的受容器と侵害受容器を含む知覚性神経終末によって高密度に神経を分布されている。

そして、それは急性の筋筋膜痛症候群の原因になりうる。

引用元:軟部組織に対する徒手理学療法

 

筋肉でも関節でも神経でもなく、筋膜です。

日本の文献では最近になって少しずつ筋膜が紹介されて来ましたが、海外では早い段階から腰痛の原因は筋膜である事が多いとわかって来ています。

 

いくら筋肉や神経の状態が正常でもそれを包んでいる筋膜が硬くなってしまうと、筋肉も神経も圧迫されて症状が出てしまうのです。

いわば、サイズの小さい服を無理やり着せられてしまった状態です。

 

ですので、筋膜をほぐす事が原因不明の腰痛の改善方法ですが、単純に腰の筋膜をほぐせばいいというわけではありません。

 

というのも、筋膜は全身につながっているため、痛いのは腰でも原因がふくらはぎや背中などの離れた部分にある場合が多いのです。

ですので、腰や腰の近くを治療しても腰痛は治らない事が多いのです。

 

そのため、女性で婦人科系に原因を抱え腰痛がある方は、その子宮とつながる部分や腰とつながる別の部分が原因として問題が起こっているケースが多いです。

 

と、言われてみてもイメージしにくいと思うので、実際に婦人科の問題と腰痛がなかなか治らず弊社の整体院にいらっしゃったケースを紹介します

 

40代女性の婦人科障害を持った腰痛患者が改善したケース

今回は婦人科障害と併発した腰痛症状が整形外科や婦人科に行って改善しなかった女性の改善例について紹介します。

 

詳細

整体院にいらっしゃった際のAさん主訴は:腰が痛い とのことでした。

特に生理周期(生理時期)左右され、そして不正出血があるときは合わせて腰痛も続くとのことでした。

婦人科に行き,筋腫はある事は見てもらいましたが、手術するほどでもなく経過観察としか言われませんでした。

 

Aさんに痛みの出る動きを確認するために腰を動かしてもらうと

  •  運動によって痛みを誘発する事はできませんでした。

 

Aさんは,安静時に腰の痛みを強く感じ、そして生理周期や不正出血の際に腰痛が強く引き起こされる方でした。

過去の手術や骨折なのを確認した後、実際に筋膜の硬さを確認したところ

多くの場所に筋膜の硬さが見られました。

 

このように、問題が起きてたのはは婦人科障害と腰痛でしたが、腰やお腹は別な部分と繋がっているため、他の場所が原因となって症状を引き起こしている可能性があります。

これでは、いくら腰に電気を流しても、腹筋を鍛えても、治るはずがありません。

 

施術の結果

上記で述べた筋膜の施術を行うと、腰痛だけではなく不正出血もピタッと止まってしまいました。

このように、女性特有の婦人科障害や腰痛がなかなか治らない人の原因は、硬くなった筋膜が原因である事が多いです。

弊社で行っている、北海道唯一の筋膜への整体に関しては、以下に動画にも詳しく説明しています!

 

弊社で行っている施術の説明動画

 

婦人科障害を抱える方が筋膜整体を受けたほうがいい理由

 

腰が痛くなりやすい人がやってみるべき筋膜ストレッチ

ご紹介するストレッチは、腰の筋肉、筋膜と繋がりのある臀部の硬くなりやすい部分をほぐすストレッチですので実際に試してみてください!

気持ちの良い範囲で20~30秒のストレッチ を3〜5分ゆっくりと伸ばすことで筋膜が解れやすくなります。

これでも少し腰痛が改善するのであれば、あなたの腰痛は筋膜に原因がある可能性が高くなります。

 

 

原因不明の腰痛を治したいあなたへ

 

今回紹介したストレッチで腰痛が軽減する人もいれば、あまり変わらない人もいます。

 

あまり変わらない人は、おそらく過去の怪我やご病気、姿勢の崩れなどの全身の影響が腰の痛みの原因となっている可能性があります。

だからこそ、自分でやることには限界があると思いますので、我々プロに任せてください。

 

実際に、弊社の整体院には医療機関や整骨院に長年通院しているが良くならず、最終的に原因不明と言われてしまった方々が多く来院しています。

その多くの方々が1〜3回の通院で腰痛が改善し、その後の定期的なメンテナンスで姿勢の変化が著名に現れています。

 

もちろん、この記事をご覧いただいているあなたも必ず、1〜3回の施術で痛みが消失するとは言い切れませんが、他の整体院よりもしっかりと根本治癒をさせる自信があります。

ですので、お任せください。

全スタッフが整形外科に勤務歴のある理学療法士が対応しております。

 

あなたは腰痛が改善したら

  • どれだけ1日が楽しくなりますか?
  • あなた以外の家族もどれだけ喜んでくれますか?
  • 人生がもっと楽しくなりませんか?

私たちはそれを実現させるために、全力でサポートさせていただきます。

少しでも気になる事がありましたら、気軽にお問い合わせください!

 

 

筋膜の整体を受けるなら

筋膜メディカル整体院  {Fascial Manipulation®︎特化型整体院}

【整形外科的疾患、慢性疼痛専門筋膜整体院】

筋膜メディカル整体院 札幌琴似店

札幌市で整体なら「筋膜メディカル整体院 札幌琴似店」医師や教授が推薦
札幌市で整体なら「筋膜メディカル整体院 札幌琴似店」医師や教授が推薦

【札幌市西区NO.1 専門家が絶賛】琴似駅3分の「筋膜メディカル整体院 札幌琴似店」です。《現役モデル・格闘家も通う技術力》スタッフは全員「理学療法士」を取得!オーダーメイド&ソフトな施術で、早期改善 ...

続きを見る

〒063-0812

北海道札幌市西区琴似2条3丁目1番地 CHESTOI BLDG 2F
(F&M Bodywork center Réveil隣)

 

Bodywork center &フィットネススタジオ

【自律神経障害,婦人科障害,美容整体,ボディーメイク専門筋膜整体院】

Bodywork center Réveil(ボディーワークセンターレヴェイユ)

Bodywork Center Réveil
Bodywork Center Réveil

医師や理学療法士が推薦する札幌の整体院

続きを見る

 

 

〒063-0812

北海道札幌市西区琴似2条3丁目1番地 CHESTOI BLDG 2F

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北海道の理学療法士_カズ

株式会社EzoReha(エゾリハ)代表取締役。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。理学療法士の国家資格を取得後,札幌市内総合病院に12年間勤務しながら,大学院進学やイタリアへの理学療法士の技術を学ぶために短期留学,そして、現在では筋膜治療のスペシャリストとして全国各地から指導の依頼を受けている。2020年から株式会社EzoRehaを設立し、北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。さらに詳しいプロフィールはこちらから

-Medical, 筋膜(コラム), 腰痛

Translate »

© 2021 えぞリハセラピストLabo.