Medical 筋膜調整

膝部における瘢痕の超音波画像:fasciaおよび皮下組織のエコー下触診

Carmelo Pirri & Antonio Stecco & Caterina Fede & Raffaele De Caro & Carla Stecco & Levent Özçakar

外傷後の外科的切開に伴う瘢痕部の持続的な疼痛は一般的であり、身体の弱化を招く可能性があるfascia性疼痛の一種である。

外傷や手術などで起きる瘢痕は皮下組織に繊維が連結して増殖し、さらに深部にある深筋膜とも連結をする
それにより、瘢痕にかかるストレスは深筋膜も刺激し、より多くの感覚受容器が活性化する。

それらの組織の結合が痛みや異常感覚をより受容してしまう可能性がある。
現在のところ、手術や外傷後の持続的な瘢痕部痛に対して普及した有効な治療法は存在しない…”

Free
Ultrasound imaging of a scar on the knee: Sonopalpation for fascia and subcutaneous tissues
膝部における瘢痕の超音波画像:fasciaおよび皮下組織のエコー下触診

Persistent scar pain associated with healed surgical incisions after a trauma is a common and potent ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北海道の理学療法士_カズ

株式会社EzoReha(エゾリハ)代表取締役。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。理学療法士の国家資格を取得後,札幌市内総合病院に12年間勤務しながら,大学院進学やイタリアへの理学療法士の技術を学ぶために短期留学,そして、現在では筋膜治療のスペシャリストとして全国各地から指導の依頼を受けている。2020年から株式会社EzoRehaを設立し、北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。さらに詳しいプロフィールはこちらから

-Medical, 筋膜調整
-

Translate »

© 2021 えぞリハセラピストLabo.