北海道の理学療法士菅原和侑 ブログ〜北海道ファースト〜

自分の街に閉じこもるなら、街の価値を知ってから閉じこもった方がいいかも。 byえぞリハ菅原


北海道もあったかくなり緑が生い茂ってきました。
フラット散歩に行きたいな〜っと思っているのですが、仲間の整体院のオープンが再来週に迫り、いよいよお尻に火がついてきました。
今年、コロナウイルスの猛威がなければ、おそらくお家にこもって事務作業を黙々とできなかったので、「何事にも意味がある」と考えて、感謝しながら準備します。

以前にも、Blogで書いたかもしれませんが、私は理学療法士4年目の時に一度”大きな挫折”をしました。
それまでは、社会人の2年目から”北海道サッカー協会の一員”となり小学生年代の北海道選抜に帯同しており、忙しい毎日を過ごしていました。
そのせいもあり、天狗の鼻が伸び切ってしまい、自分を見失っていた時代がありました。

せっかくやっている活動なんだから、学会で発表してもっともっと自分を大きく見せようと、北海道の学会と全国の学会とそれぞれサッカー協会での活動について報告を行いました。

私自身、仕事で道外に出たのはこの時が初めてでした。
北海道で発表後は私の前に長蛇の列で、みなさんと名刺交換をさせていただきました。

しかし、道外の発表にいくと、私の発表なんて”虫けら以下”の報告で、もっともっとすごい報告がたくさんあり、私は学会会場を早く立ち去りたい思いがとても強かったです。自分の活動には強い信念をもっていましたが、それとは逆に自分自身の評価がとても高かったのも事実です。

そんな恥ずかしめを受けた僕は、その日のうちに”東京に行きたい。”と強く思ったのでした。

 

その当時思ったことは「北海道<東京」

北海道は田舎だから。北海道は学ぶ機会が少ないから。

などと、環境のせいにしていました。”早く東京に行きたい”そう思いました。

 

一度退職を考えたのですが、私のメンターに”1年待て。それで判断しろ”と言われたので、東京に進出する目標を一年後に定めました。
しかし、東京に行きたい。という思いは抑えきれず。そこから月に1〜2度東京に行き研修を受ける毎日を続けました。

それを続けていた結果、いつの間にかイタリアにも行き、いつの間にか東京で講師として働く日々になりました。

 

「あれ?1年後東京で勤めなかったの?」

 

東京に行けば行くほど、北海道の価値や素晴らしさが見えてきました。
東京に行けば行くほど、北海道で何かをやりたいという思いが強くなりました。

確かに田舎というデメリットはたくさんあると思いますが、それを超えて向こうに行けば行くほど、北海道の素晴らしさを感じました。

そしていつの日か、北海道で何かをしたい。
北海道を良くしていきたいという思いが強くなりました。

 

おそらくこの思いは、実際に”故郷の外に出て活動”しなければ感じなかった気持ちです。
今僕は心の底から、北海道で働きたいと思っています。

 

おそらく、外に出なければずっと北海道に対して不満を感じ、文句を毎日繰り返していたと思います。

貿易を繰り返さないと、自分達が取り扱っている商品の価値がわからないです。
月並みですが、故郷で活動するにしても、一旦、外の世界に出て、良い事も辛い事も思い知る事をお勧めします。

道外の研修では、大体「北海道から来ました」というと、みんな構ってくれるので、「道民」は圧倒的に有利です。
頑張ってね!

 

EzoReha 菅原

 

 

EzoReha菅原


毎日、実験&作品作成&Webサービスの開発&北海道の街づくりを進めています。
んでもって、若手理学療法士や学生さんの近道になるような、この投稿よりももっと深い深い理学療法士のビジネス書に掲載するようなコラムを毎週投稿しています。
面白いと思います。

興味ある方はこちら↓

〜通常盤〜

〜道外の方も閲覧可能版〜

 

note
菅原和侑のEzo Reha Labo.(全国版)|菅原和侑@理学療法士研究所|note
全国版オンラインサロンコラム

菅原の考えるセラピストの未来や、現在とりかかっているプロジェクトについての記事を読むことができます。 北海道限定盤はこちら→ https://wp.me/P8zs2j-f1

続きを見る

 


無料メルマガもやってるよ!
こちらも有益な情報を流せるように日々アウトプットしています!

 

 

 


こちらはEzoReha Laboの無料版です!
こちらは過去の投稿になりますが、オンラインサロンに流した投稿を少し編集して投稿しています!
Instagramは文字数制限があるので簡略化して投稿していますが無料なので、登録していただければと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
北海道の理学療法士_カズ

北海道の理学療法士_カズ

EzoReha(蝦夷リハビリテーション)代表。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々,そして若手の理学療法士に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。また,筋膜調整のスペシャリスト・アニマルフローのインストラクターとして活動中!!さらに詳しいプロフィールはこちらから

-北海道の理学療法士菅原和侑 ブログ〜北海道ファースト〜
-

Translate »

© 2020 EzoReha.com