Medical 筋膜調整

複合性局所疼痛症候群2症例の硬化した支帯の超音波画像とFascial Manipulation®

複合性局所疼痛症候群2症例の硬化した支帯の超音波画像とFascial Manipulation®

 

【Ultrasound imaging and Fascial Manipulation® for rigid retinacula in two cases of complex regional pain syndrome.】

Carmelo Pirri & Antonio Stecco & Carla Stecco & Levent Özçakar

〜要約〜

"複合性局所疼痛症候群(CRPS)は、患者のQOLに明確な影響を与える複雑な疾患である。確定診断や特異的な治療法が未だ存在しないため、その治療は困難である。超音波画像は、筋骨格系の病因に関与している可能性のある種々の構造体を特定することができる…"

この論文に興味の方は以下の論文サイトをクリック

筋膜論文
Ultrasound imaging and Fascial Manipulation® for rigid retinacula in two cases of complex regional pain syndrome | Pirri | Medical Ultrasonography
Ultrasound imaging and Fascial Manipulation® for rigid retinacula in two cases of complex regional pain syndrome.

Ultrasound imaging and Fascial Manipulation® for rigid retinacula in two cases of complex regional p ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

北海道の理学療法士_カズ

株式会社EzoReha(エゾリハ)代表取締役。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。理学療法士の国家資格を取得後,札幌市内総合病院に12年間勤務しながら,大学院進学やイタリアへの理学療法士の技術を学ぶために短期留学,そして、現在では筋膜治療のスペシャリストとして全国各地から指導の依頼を受けている。2020年から株式会社EzoRehaを設立し、北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。さらに詳しいプロフィールはこちらから

-Medical, 筋膜調整

Translate »

© 2021 えぞリハセラピストLabo.