北海道理学療法士_カズの日記

OMPTの臨床実習まであと1週間

こんにちは

現在,筋膜の修士学位論文の修正と来週から行く,OMPTの臨床実習の予習で書斎から出られない

北海道の筋膜調整セラピスト 兼 北海道の筋膜研究家

北海道の理学療法士_カズ_です

 

今から,5年前OMPTのベーシックコースに参加し,3年前にアドバンスコースへ進級

昨年,OMPTの筆記テストに合格し,臨床実習の選抜実技試験に合格しました.

 

OMPTのカリキュラムには、理学療法士の学生の時と同じように「臨床実習」というものがあり,他の病院に研修し、OMPTの国際インストラクターの下で実際に患者さんの評価と治療を行うというものが含まれています。

 

実際に国際インストラクターの下で研修を行うため、研修に参加できる定員が限られているため,先日行われた「OMPTの筆記試験と実技試験」に100名ほどの参加者から上位で合格した理学療法士達が臨床実習に参加できます。

 

今年度H31年に参加できる理学療法士の定員は「24人」

 

筆記試験と実技試験の上位24名が参加できます。

 

それ以外の人たちはまた【再来年】以降となります。

 

なかなか狭き門なのです。

 

OMPTとは「国際徒手理学療法士」と呼ばれる世界共通の理学療法士の資格です。

 

「IFOMPT」と呼ばれる「国際徒手理学療法学会」が認めた「専門職大学院のカリキュラム」に則った大学院や学会の講習会(日本:日本徒手理学療法士学会)を卒業した者が取得できる資格です。

 

北海道ではまだ11名しかOMTを取得したPTはおらず,日本全国でも数少ない世界基準の資格です。

 

日本のOMT Diploma一覧

 

 

そんなこんなで,私は皆さんから【筋膜調整のスペシャリスト】と認識を持たれておりますが,

実はOMPTの取得も間近なのであります.

 

 

 

実のところ,私は全くOMPTには興味がありませんでした.

職場には3人のOMPTがいるし,人と同じことはしたくなかった.

 

 

OMPTを取得しようと思ったきっかけは「筋膜マニピュレーション」との出会いでした.

 

 

「筋膜マニピュレーション」を学ぶに連れて,OMPTの重要性を再認識しました.

 

 

それはなぜか?

 

 

筋膜マニピュレーションとは,基本的に患者の病態を筋膜機能障害と捉え,筋膜を調整する治療コンセプトです。

 

だからこそ,どのような方もまずは筋膜の問題を捉えましょう.というのが始まりです.

 

でも私は,筋膜マニピュレーションを学べば学ぶほど,「この人が筋膜に問題がある!」と「確信をもって」筋膜マニピュレーションをやるべきだと思いました.

 

 

だからこそ,OMPTの評価技術を学び,本当に「筋・筋膜」に問題が起こったと確信を持った時に筋膜マニピュレーションができればと思っています.

 

筋膜マニピュレーションで理事を務めて,教育する立場に立ったからこそ,この手技を使えるかどうかの見極めをすることが重要だと考えています.

 

筋膜を治療するには「痛み」を伴う治療手技なので,リスク管理や確証を持って治療をやりたい.

 

だからこそ,私は筋膜マニピュレーションを学んだ後にOMPTのカリキュラムに参加しました.

 

 

そんなOMPTのカリキュラムも,残すところ来週の臨床実習と患者治療の試験

 

うまくいけば1年以内にはOMPTの取得です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
北海道の理学療法士_カズ

北海道の理学療法士_カズ

EzoReha(蝦夷リハビリテーション)代表。「病院に行かない文化をつくる」がモットー。北海道を中心に理学療法士の知識を医療過疎地、高齢者、スポーツ選手や一般の方々,そして若手の理学療法士に対して発信しています.理学療法士による地域の活性化を図り新たな社会モデルを作ることを目的としています。また,筋膜調整のスペシャリスト・アニマルフローのインストラクターとして活動中!!さらに詳しいプロフィールはこちらから

-北海道理学療法士_カズの日記

Translate »

Copyright© EzoReha.com−蝦夷リハビリテーションドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.